学ぶ・知る
インフルエンザ





◇インフルエンザワクチン接種
予防接種の死亡例



インフルエンザワクチン接種後に起こった死亡の届け出はあります。日本では、昭和51年から平成6年までの、主に小児に対して接種が行われていた頃の統計では、インフルエンザワクチン接種により引き起こされたことが完全には否定できないとして、救済対象と認定された死亡事故は約2,500万接種あたり1件でした。



学ぶ・知る・インフルエンザ